愛ほっと便り 9月号 脳卒中片麻痺における肩関節の亜脱臼

脳梗塞や脳出血により片麻痺が出現した場合、麻痺側の肩関節に問題を抱える方が多くいます。痛みが強く出現する肩手症候群や腕の重さを支えることができずに亜脱臼を呈するなど、様々な問題があります。麻痺側の肩の痛みや重さのあまり活動性が低下し、リハビリがうまく進んでいかないケースも見られます。

肩関節は、関節窩(関節の受け皿)が浅いために上腕骨頭を自由に動かすことができ、人体の中で最も広い可動域を持っている関節です。しかし一方で、動きの自由度が高いということは、不安定であるということでもあり、事実、人体の関節の中で一番脱臼しやすい関節であるともいえます。その関節の不安定さを補うために、肩関節では靭帯や筋肉などの軟部組織により、安定性を保っています。

麻痺側の肩関節の亜脱臼については、その靭帯や筋肉の麻痺により腕の重さを支えられずに、肩甲骨から上腕骨がぶら下がる「下方脱臼」の形をとります。この「下方脱臼」は、弛緩性の片麻痺で腕の重さを支えられない方にみられるものですから、寝ている姿勢の時には腕の重さがかからないので亜脱臼にはなっておらず、座位・立位姿勢においてのみ亜脱臼となります。そのため亜脱臼をしているかどうかは、座位もしくは立位姿勢において、肩峰と上腕骨の間に隙間が一横指以上あるかどうかを触ってみると確認できます。

亜脱臼をしている方の中には、肩の痛みを訴えられる場合もありますが、肩の痛みの原因が亜脱臼であるということではありません。というのも、亜脱臼をしている方でも肩の痛みのない方はたくさんおられます。ただ、腕を重く感じて自分の腕という認識が薄くなりやすく、動作に大きな影響を与えてきます。

そこで亜脱臼の対応としてよく用いられるのが、三角巾です。三角巾で麻痺側上肢を吊り上げ、腕の重さを除去することで亜脱臼を防ぎます。しかし、麻痺側上肢の屈曲姿勢を助長してしまうため、関節拘縮や肩関節内転・内旋筋、肘関節屈曲筋の筋肉の緊張の亢進や短縮などの予防に常に注意を払う必要があります。

このような場合、私たちはこのようなものを作成して利用しています。

特に名前を付けているわけではありませんが、伸展用スリングというような形で作成しました。

このスリングは、腋窩の下から上肢を持ち上げることで腕の重さを除去し、亜脱臼の不良肢位に対応します。このスリングであれば肩関節の内転・内旋、肘関節屈曲の関節拘縮や筋の短縮を気にする必要はありませんし、何より歩行時に麻痺側上肢の身体イメージを持ちやすいので、歩容も改善します。作り方は簡単ですので、興味のある方は試してみてください。もしわからない事がありましたら、いつでも連絡をいただければと思います。